この記事は……。

  • くすみや黒ずみが気になる
  • くすみをメイクでごまかしている
  • これまでのスキンケアではくすみが取れなかった

こんなことを考えている人にオススメの記事です。

 

 

「くすみ」とは?

医学的な定義はありませんが、
肌の透明感がなくなる状態がくすみの一般的な認識です。
ただくすみには肌色やその症状によっていくつか種類があることはご存知でしょうか?
例えばコーヒー色っぽくなる、
黄色がかかる
蒼くてくらーい色になっていくなどです。
何が原因かによってその症状は変化します。
では、その原因や症状は何か?

 

もちろん体質的なものもあります。
ですが大抵はUVを長時間肌にあびてしまったり、
毎日の洗顔・寝る時間や長さなど、
日々の暮らしによっても多く影響されてしまいます。

 

ただ多くの人は【乾燥によるくすみ】が原因だと言われています。

 

(そのほかのくすみはこちらから)

【乾燥によるくすみ】とは?

カラッとした空気に長時間晒されていると肌が乾燥し、
キメの乱れやハリの低下から肌が浅黒くなって「くすみ」ができてしまいます。

 

<あなたの肌はこんな特徴はありませんか?>
肌が灰色っぽいところがある
白く粉をふいたようになる
エアコンやヒーターなど乾燥しやすい部屋によくいる
毛穴が目立ちがち
季節の変わり目に肌が荒れっぽい

 

【乾燥のくすみの対策】

まずは部屋を加湿しましょう。
加湿器などをつかってエアコンを控えめにしてなどして乾燥を避けます。
エアコンをつかわないと寒くなる!という人もいると思いますが、
加湿器の蒸気は熱湯によるものなので、
つけておくだけで室温があがり加湿されるので一石二鳥ですよ!

 

また、肌そのものが水分がたりていないから、
スキンケアで皮膚に水分を補充させることも大事です。
ここで「私の肌はオイリー気味で水分が逃げずらいと思っているから大丈夫かな〜」
なんて思っている人は特に注意です!
【インナードライ肌】という言葉をしっていますか?

 

インナードライ肌肌とは?

これは肌の表面は皮脂が出ていてもその内側の皮膚はカラカラに乾燥している状態の事です。
とくに目元や口元などが乾燥していたり、
日中べたつくことがあったり、
コメドがでたり
化粧崩れが多い人はこの【インナードライ肌】に当てはまります!
だからそういう人は特に注意が必要です。

 

これを治すためには角質の奥までしっかりと水分を行き渡らせ、
肌の調子を整える成分を吸収させる必要があります。
さらに、こういった肌は敏感なお肌の人が多いので、
なるべく刺激のすくない美容成分が必要になります。

 

これは日ごろのケアではなかなか治すのが難しいものです。
ですが、最近philtechという会社がうってつけの【vcスキンジェル】美容液という商品を開発しました!

 

vcスキンジェルの効果や特徴

まずvcスキンジェルのすごいところは成分のうち99%が美容成分なところです!
肌に嬉しい成分を高濃度に配合しているので、
キメ・ハリ・皮脂よごれ・くすみなど様々な肌トラブルに対応できます!
では詳しく解説していきますね♪

 

vcスキンジェルは「5種類のビタミンC誘導体とビタミンE」配合

vcスキンジェルは進化型ビタミンC誘導体が入っているので、
以下の役割を期待できます。

ビタミンC誘導体の役割は?

  • くすみの予防と改善
  • 透明肌アプローチ
  • ハリ感・ツヤ感をもたらす効果
  • キメを整える効果
  • つまりにくい肌作り
  • Tゾーンさらり保湿

 

vcスキンジェルは「半導体最先端技術を使って製造した【スチーム水】」を使用

さらに特殊な技術によって極細な分子構造をしたスチーム水も配合しています。

スチーム水の効果とは?

  • 分子構造がとても小さいので、成分を角質層の深くまで届けることができる!
  • 物質を乳化させる力がある(ビタミンC誘導体をより効果的に作用させる)

 

vcスキンジェルは「お肌をマイナス方向に引っ張る成分を全て不使用」

  • パラベン
  • エタノール
  • 鉱物油
  • 石油系界面活性剤
  • 乳化剤(敏感肌には嬉しい!)
  • 合成香料
  • 合成着色料不使用

 

vcスキンジェルはこんな効果を期待できる!

  • バリア効果を高める
  • きめ細かい透明肌
  • ハリのあるうるおいふっくら肌
  • ザラ付きにくい(コメドができにくい)強い肌
  • お手元のスキンケア商品と組み合わせてもいい
  • お肌の自力を高める

 

vcスキンジェルまとめ

vcスキンジェルは最新の半導体技術というものをつかって角質の奥までとどく美容液なんです。
さらにビタミンC誘導体も配合しているので、
黒くなりがちなくすみをふせぎ、
今できているくすみを取り払うよう働いてくれます!

 

これからは本格的に乾燥しやすい季節になるからvcスキンジェルが大活躍する

これから本格的に冬になっていくにつれ、
乾燥した空気が肌を刺激してより一層お肌が水分を求める時期になっていきます。
これを放置していたらインナードライ肌は進行して、
さらにくすみがひどくなったり、
肌にハリを感じられなくなったり、
毛穴が目立ったりしていきます。
そういった肌にマイナスな影響を与える季節ですので、
vc スキンジェルを毎日お肌につけることで防ぐことができます.
さらに今は2500円も値引きしたキャンペーン中なので、
この機会に利用することで乾燥知らずの肌になります。
是非今のうちに利用して行くことをお勧めします!

 

vcスキンジェルはこちらのURLから公式サイトにアクセスできます。↓

 

くすみに役立つ食べ物

色とりどりの野菜やビタミンがたくさん入った数多くのフルーツ。
保湿成分をたくさん含むタンパク質を食生活に積極的に入れることが、
くすみ改善にとても役立ちます。
腸内環境が改善すると肌環境も改善され皮膚の状態が良くなりますしたがって、
偏った食事をするのではなく色々な食べ物を好き嫌いせずバランスの良い食生活を心がけることが美肌の重要なポイントになります。

 

そして以下をよく読んで実践食事をしていただきたいです。
抗酸化が期待される食べ物であるにんじんや小松菜と言った緑黄色野菜、
ベータカロテンは肌の環境を改善し免疫力も高めてくれるといわれています
さらに UV や日頃の生活によるストレスで刺激を受けた肌機能を助けてくれる働きがあります
なかなか野菜をとることが難しかったりそもそも野菜が嫌いな人もいるでしょう。
そのような方は朝に野菜ジュースなどをとることから始めるといいでしょう。

 

保湿力を高める野菜

タンパク質を多く含む食材(お肉やお魚大豆など)
皮膚を形成する上で重要な食材がありますそれはタンパク質です。
タンパク質が体から不足すると、
ターンオーバーが適切に働かず肌のたるみくすみの原因になってしまいます。
とはいえ前述した糖質を過剰に摂ることによるくすみの危険性もあるので、
こちらもバランスよく摂る必要があります。
食べ過ぎると体に良くありませんが、適度に摂ることによってターンオーバーを促進させてくれます。

 

ビタミン C を多く含む食材キウイいちごみかんレモン柑橘系
肌を若く維持するために大事な食材です。
美肌には必要なコラーゲンの育成にも必要です。
また新陳代謝を整える効果もあります。

 

シミ・美白 ルール1

シミのタイプによってケアの方法も違います。
まずは自分のタイプを知りましょう。
美白化粧品が効かないシミもある 「あれっ、シミができている!」と、あるとき急に気になりだし、美白化粧品でケアを始める人が多いようです。でも残念 ながら、美白化粧品が必ず効果的かというと、そうでもありません。
シミにはいくつかの種類があり、タイプによってケアの方法が違います(→シミの種類とケアの方法)。なかでも、多く の女性が気にするシミは、日焼けの積み重ねによってできる「老人性色素斑」。このシミの場合、見えるか見えないか程度 のごく薄い初期段階であれば、美白化粧品を使う意味があるでしょう。ただし、はっきり完成してしまった老人性色素斑を 美白化粧品で消すことは困難です。
そもそも美白化粧品とは、メラニンをつくり出すメラノサイトという細胞の働きを阻害するようにできています(→ シ ミ・美白のポイント)。ですから、メラニンが過剰に生産されているようなときに効力を発揮するのです。多くの女性が気 にする老人性色素斑というシミは、紫外線でできるシミですが、これは、進行したものは皮膚の構造自体が変化してしまっ ているため、美白化粧品でメラノサイトの働きを阻害してもシミは消えないのです。
まずは、自分のシミの種類を知ること。そして、正しいケアの方法を知ることが第一歩です。シミの種類が自己診断でき ない場合は、美容皮膚科で相談してみましょう。美白化粧品の効かないシミに、延々と高価な化粧品を塗り続けることは避 けたいものです。
「私のシミは肝斑」の思いこみ 女性にシミの種類を自己診断してもらうと、「私のシミは肝斑」と思う人が多いようです。 テレビCMや雑誌などで知り、「もしかして自分も」と思うのかもしれませんが、肝斑とは一般に思われているほど多い ものではありません。やはり、女性が気にするシミの大半は老人性色素斑です。ほお骨のあたりに左右対称にできるのが肝 斑の特徴ですが、老人性色素斑もそのようにできることが多く混同しやすいようです。

 

シミ・美白 ルール2

美白化粧品はなんとなく選んではダメ。「美白成分配合」のものを選ぶ。
「美白っぽい」イメージにまどわされない
最近の美白ブームで、お店には美白化粧品が目白押しです。でも、「○○ホワイト」のような名のついた化粧品でも、美 白成分を含んでいないものもなかにはあるので、美白化粧品を選ぶときは注意が必要です。
イメージで美白っぽい化粧品を選んでも、満足な効果は得られません。美白化粧品を選ぶ際は、まずは美白成分が確実に 入っているかどうかを確認しましょう。

 

更新履歴